ケリーの事情

e0078269_12433021.jpg
ケリーは息子がいるオーナーさん宅にお引越ししました。私自身、永年寄りそって暮してきた子をお譲りするのは始めてだったので寂しく複雑でしたが、ケリーの事を一番に考えて決断しました。何と言っても信頼のおけるオーナーさんだった事、いつでも会いに行ける事、一番重要な事はケリーが望まれて迎えられたって事です。

ケリーの生んだ息子といっても成猫に成長しているし、何年も離れて互いが暮していたので最初から巧くいかないだろうと心配でした。
そこはオーナーさんと連携をとりつつ、慎重さを心がけましたが....「案ずるより生むが易し」で想像よりも短期間でシックリいきオーナーさんと私はびっくり!!
血のつながりって関係している??と思わされる体験でした。

ケリーがお引越して2日目くらい経った頃だったでしょうか、FaceTimeで「ケリー」と声をかけると私の声に不思議そうに反応してキョロキョロ周りを見渡し、私を探すんです。そのケリーの様子を見ていて胸が苦しく涙が出てきました。
そのケリーもすっかり慣れて親子でまったりな日々ですが、息子に対して母親風を吹かしているそうです。
オーナーさん曰く、「ケリーは偉いんです。息子に猫的指導をしてるんですよ」って。
箱入り息子で育った子供にオバちゃんパワーで社会のいろはを教えているって事みたいですよ。
その数々のエピソードは面白いので今度改めて記事にしたいと思います。

そんな訳でケリーはノビノビとリラックスした環境で幸せに暮しています。
オーナーさんケリーを大切に思ってくださってありがとう。
[PR]
by martinbrown | 2013-04-25 13:39 | Owner's


★アビーズの愉快な生活★ martinrown cattery


by martinbrown

プロフィールを見る
画像一覧

News

外部リンク

フォロー中のブログ

カテゴリ

以前の記事

ライフログ

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

スター為替証券

画像一覧